今朝は小田信長と出会った。

朝目が覚めたときに、ふっとひらめくことがある。
あ、あれはこういうことだったんだ!とか、こうすればうまくいくぞ!とか。

今朝はなんとなんと、織田信長についてのひらめき!!

あぁそうか、ほとんどの人は過去に根を置く強い情念、
怒りや憎しみ、嫉妬、屈辱といった事柄に突き動かされて、
城を奪ったり攻め込んだりするが、
信長の心を支配してたのは、未来のビジョンだった。

それゆえ彼は常に渇いてた。またどのようなセンチメンタルとも無縁だった。

時に平気の平左で残虐なことをしてのけたのも、
壊しつくした果てに打ち立てる世界の像が、彼だけには見えていて、
そのわくわく感が彼の原動力・・・・・だったからだ。

普通の他人(ひと)の気持ちがわからない、
そういったものを超越しているという点で、
彼はある種のサイコパスなのだろう。

屈辱に泣く他人の気持ちがわからないから、
やすやすと光成に首を獲られてしまった(死体は燃えてしまうようにしたみたいだけど)。

・・・・・・・朝からこんなことを考えてるって、私もヘンなやつ!
さぁ、今日は仕事だ。







2014/07/17(木) | 未設定 | トラックバック:(0) | コメント:(0)

«  |  ホーム  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

トラックバック URL
http://tanakamitsu.blog.fc2.com/tb.php/74-0751e140
 |  ホーム  |