新年早々考えたこと

今年もよろしく!
  人は病むもの、治るもの

さて、みなさんはどんなお正月をお過ごしでしたか。

私は12月26日から10日間、自分の治療ばかりしてました。
数年前から徐々にひどくなっていった「気管支拡張症」。
私のは「非定型抗酸菌症」からくるそれで、
咳だけでなく、夕方から微熱を伴うというタチの悪い症状。
熱で食欲はなくなるし、疲れやすいし、往生してました。

知ってた?西洋医学はこの病気にはほとんど無力なのよ。
唯一の治療が子供が飲む量の抗生物質を
3年、4年と続けるてると、運が良ければ効くこともあるそうな。
医者との関係で仕方なくその方法を試してみたら、
1か月飲んだところで突然!
尿が出なくなってなってしまった。

こりゃダメだと,次は漢方で治そうとした。
あっちこっちといろいろな漢方医の薬を飲んだけど、
お金がかかるばかりで、一向によくならない。

こ、こうなったらしょうがない。
腹をくくって、自力更生を目指そう。そう覚悟したのがこの年末。
もちろん以前から自分のからだにハリを打ってきたのよ、
でもね、自分のからだを良くするって大変なんですっ!

私の打ち方だと、背中が中心。して背中には目がない。
それだから、ここぞというツボを探すことが難しい。
また鍼を打つても、背中全体のバランスを整えることができないから、
打って返って具合が悪くなることもある。

そもそも、からだが緩んでないから、
背中に鍼を入れるだけでも大変なのね。
2,3時間かけてやっと1本打てた・・・・
ナァ~んてことはしょつちゅうだ。
あぁ、なにごとも、タダならいいってもんでもないのよ。

自分のからだを治療することのあまりの難しさに、
「鍼灸の有名な先生方が早死にしているわけだよなぁ」と、
今さらながら納得したりして・・・・。

でもでも、頑張らなくちゃ。
去年何軒か治療院周りをして、
やっぱ他人頼みじゃダメなんだと、思い知らされた。
いい漢方薬を求めて10万円以上費やしてもダメだった。

そろそろ心を入れ替えて、他人は当てにすまい。
自分で頑ばろう、自力更生を目指そう。

ってわけで、年末から正月にかけて、
来る日も来る日も頑ばった。
もう必死で取り組んだ。正月なのに、髪振り乱してね。
そしたらね、やっと神サマ振り向いてくれた。
どうやら取り押さえられそうな塩梅になってきたのよ、
どんなもんだい、やったぜぇ!ふっふっふっ。

まだ咳はでる。
しかし1回の咳込み時間が短くなった。痰が出なくなった。
微熱も出にくくなってきている。

この道を倦まず弛まず進んでいけば、
必ず取り押さえることができる・・・・
という確かな手ごたえを感じるわ。

あぁ~、もし気管支拡張症や非定型抗酸菌症を治せるようになったら、
さぞかしたくさんの人を助けることができるだろう。
苦しんでいる人、ごまんといる筈だもん。

大変な病気って癌だけじゃないのよね。
西洋医学でも漢方でも治せない、漢方でも鍼灸でも危うい。
という病気って、知らないだけで、
世の中にはゴマンとあるのだ、きっと。

以前、不治の病と言われているケロイドを治した時にも、思ったこと。
(そう、不治の病を治しちゃったんだぜ、エライぞ、みっちゃん!)
西洋医学が治せない病気を、
1つでも2つでも多く、治せる鍼灸師になろう。
それが私の社会参加だ!と。

新年改めて、そんなことを考えてました。

2013/01/16(水) | 近況報告 | トラックバック:(0) | コメント:(2)

«  |  ホーム  |  »

-

『管理人のみ閲覧できます』

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2013/02/15(金) 14:51:22 | | [ 編集]

-

『管理人のみ閲覧できます』

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2014/07/11(金) 07:25:37 | | [ 編集]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

トラックバック URL
http://tanakamitsu.blog.fc2.com/tb.php/64-76de52e0
 |  ホーム  |