青森・八戸の「えんぶり」を見に行きました

2月16日から2泊3日の日程で、
八戸の豊穣祈願のお祭り「えんぶり」を見に行きました。
患者でもあるAさん、Tさんと一緒に。
あ、それから私の友人の建築家Iさんも一緒に。
(この人、相当な旅好きで、旅行ではなく「旅」がしたければ、
彼に聞くのが一番。今回の宿も全部彼のご推薦)

心配だったのは寒さ。それが意外に寒く無くて.
海が近いせいか、
風が吹かなければ、東京とたいして違わない
(ような気がした、体感では)。

八戸近郊の村々がそれぞれ隊を組んで参加する「えんぶり」。
(犬も参加)
 田中美津の治療院  れらはるせ

中でも上手といわれている「中居林」の、
その中でも一段と鮮やかに踊るおじさん(推定50歳)が、
俳優のラッセル・クロウによく似てて、
あぁ~、ファンの私はどんなに喜んだことか。

(彼の横でウッヒヒ・・・・)
田中美津の治療院 れらはるせ 

(この人よ、この人!)
田中美津の治療院 れらはるせ 

(こんな風に踊る)
田中美津の治療院 れらはるせ 

(「子供えんぶり」もあった。しっかり伝承されいてる)
田中美津の治療院 れらはるせ

かようにえんぶりを堪能した。

お風呂屋にも2回行った。
寒い地だからか、お風呂屋さんが繁盛していた。
みんな風呂桶積んで走ってると、タクシーの運転手さんが言っていた。

(お風呂帰りに飲み屋に寄り道)
田中美津の治療院 れらはるせ

八戸は、昔は大いに栄えた港町、遊郭も30何軒かあったそうな。
たった一軒建物が残っていて、
そこが今は旅館になっているので、1泊はそこに。

田中美津の治療院  れらはるせ 

風情漂う間取りや欄間。それ以上に興味深いのは、当時の宿帳で、
「あ、このお女郎さん、この夜は〈回し〉を取ってたんだ」とかのことが直ちにわかる。
わかったところで、どうってことはないが・・・・。

その前に泊まった一泊5500円の宿。
よく地震で倒れなかったなぁと感心するくらいのボロ宿で、
ここ、トイレの排水管が詰まっててね、
それで、和式トイレが半端じゃなく臭さくって、さ。
もう、入ったらクラクラとしちゃって。
(近くにコンビニがあって、
そこのトイレに救ってもらったからいいようなものの)

しかし、そこは・・・・・
にもかかわらずというか、そんなふうだからというか、たいそう食事が美味で。
名物のせんべい汁や、ウニを使ったイチゴ汁、飛び切り新鮮な刺身などなどがでて、5500円でこのご馳走!
うん、トイレのことは許そう。

また、朝市にも行き、縄文博物館にも行った。

何気に小さな百貨店のトイレに入ったら、
洗面台より2回りくらい大きな、洗面台様のものが、
洗面台より低い位置に取り付けられていて、
横に「この便器の使い方」と書かれたプラスチックの板が貼ってあった。
なんだろう、これ!?

好奇心に手足の私は、
すぐに百貨店に電話してみたら、会社の人もわからなくて、
調べてもらったら、
何と人口肛門を付けている人用のトイレなんだって!
ふぅ~ん、勉強しちゃつた。

タクシーに乗れば運転手さんと、宿に着けばそこのおばさんと、
道端でも、お店でも、お風呂屋でも知らない人たちと、ホントに良くしゃべった。いつものことだけど。
で、八戸の人は多くが、話好きで、オープン・ザ・マインドで、親切で・・・・ということが、わかった。
そのホンの一端が、ね。

またいっそう東北が好きになっちゃった私。

夏にも大きな祭りがあるそうで、ヨシ、行くぞ!
八戸から弘前、五所川原と、お祭りのハシゴしよっと。
旅なら東北へ!東北にお金を落とそう。
もっぱら安宿に泊まっている私が言うんじゃ、
ちょつと説得力に欠けるけど。

そうそう、3・11の津波は八戸にも来たけど、死者は1名。
一度は無事に逃げたのに、ナゼか戻った人がいて、さらわれたそうな。
海沿いの建物や養殖施設はみな被害にあっているのに、
亡くなった方が1名とは!!

行かなきゃわからないことってあるのよねぇ。
こんなにメディアが発達してても。

              (写真   阿倍野紀子さん  石井大悟さん)
田中美津の治療院  <br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br />れらはるせ
 旅好きな方、世界のいろいろな古い建築物に驚嘆したい方、
また、腕のいい建築家を探している方、
       私の友人のホームページをご紹介します" target="_blank" href=" http://www.future-scape.co.jp">こちらをクリック                      
                     

2012/03/26(月) | どんな旅、したの? | トラックバック:(0) | コメント:(0)

«  |  ホーム  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

トラックバック URL
http://tanakamitsu.blog.fc2.com/tb.php/36-20a286eb
 |  ホーム  |